スキンケアの年間費用はどれくらい?2人の育ち盛り子育て中主婦が本気で悩む

スキンケアには正直お金がかかります。

それでもやめるわけにいかないのが辛いところ。

美容代として7,000円/3か月が平均ですが、そこからスキンケアへ回せる金額がどれほどあるのでしょうか。
おおよそで計算するとしてコスメ代2,000円、ヘアケア1,500円、スキンケア3,500円くらいでしょうか?

そう考えると3,500円(3か月分)×4回=1,4000円が、年間でスキンケアに使用されている計算になります。
14,000円がスキンケアとして毎年かかるわけですが、正直これでは足りないくらいなんです。

人によってはネイルサロンやエステサロンへ行くなんてこともあるでしょう。
多くの方が満足のいくスキンケアができていないのでは?

この記事ではスキンケアについて「どれくらいの費用を使っているのか」、「世の中のスキンケアについての意見」、「主婦の平均的なお小遣い」、「お手頃なスキンケアアイテム」など、詳しく解説しています。

スキンケアの費用を改めたいと考えている方は、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

スキンケアに世の中の女性たちはどれくらい費用を出しているのでしょうか?

上の画像は「HOTPEPPER Beaty Academy」で掲載されているデータを元に作成しました。
3か月ごとの集計をしたものを1年平均で出した数字を記載。

 
データを元に考えると、サービスや購入品を合わせて美容代はおよそ6,000円~7,000円(3か月分)
 
美容院代・エステ代・ネイル代・コスメ代・スキンケア代など、美容にかける費用というのは計り知れませんが、7,000円/3か月で考えると、皆さんしっかり節約しつつスキンケアされているようです。
 
美容代と言っても人それぞれ。
 
冒頭でもお伝えしましたが、7,000円/3ヶ月をざっと分けると「3,500円ほどがスキンケア費用に回っているのでは?」と予想。
月々で計算すると1,200円が月々にかけられるスキンケア商品代ですね。
 
そう考えると年間約14,000円がスキンケア費用と考えられます。
 
スマホ代に毎月1万円かかる人であれば、約1カ月分のスマホ代で年間のスキンケア費用が支払えることに。
 
それほどスキンケアについては、あまり重要視されていないのでしょうか?
スポンサーリンク

スキンケア費用についてのSNSでの意見

みなさんの意見を見ていると、スキンケアが重要だと認識されているようです。

私も実際にスキンケアが重要だとわかっていても、専業主婦の身としてはお金を自分へ投資するのは申し訳ない気がしていました。

主婦でも自分が自由に使えるお金を持っておくのは大切ですね。

そこで、主婦の方々がどれくらいのお小遣いをもらっているのかを調べてみました。

主婦の平均お小遣いはどれくらい?

「20~60代の既婚者」500名を対象にしたお小遣いについてのアンケートを株式会社UOCCが2021年5月に行っていました。

※対象者の平均世帯年収:642万円、その内専業主婦の家庭:44.4%

アンケートデータによると、お小遣いの平均は、夫が3万円・妻が2万円でした。

収入が低い家庭ほど、旦那さんの不満が大きいという結果に。
そして、夫も妻もあと1万円ほどプラスで欲しいという意見が多数でした。

主婦の毎月2万円の使い道って?

主婦の平均的なお小遣いは2万円でした。
2万円から美容代1,200円/月を引くと18,800円が残ります。
18,800円から交際費・洋服代・通信費(スマホ代)などを支払うことに。

2万円と聞くと思っているより自由度がありそうですが、お付き合いが多い方だとお友達とのランチ会などの交際費が厳しいですね。

毎月洋服を買わないにしても、通信費(スマホ代)でほとんどが消えちゃいますね。

私の場合「お小遣い制ではない」

私も一般家庭の主婦ですが、お小遣い制ではなく「必要な時に必要なものを夫に申請する」という状況です。
なので、月々2万円が正直多いのか少ないのかよくわかりません。

実際アンケートの中でも、妻の7割はお小遣い制ではなかったようです。
夫についても半数以上はお小遣い制ではありませんでした

ただ、2万円のなかでやりくりしようと思うと、1,200円/月くらいが美容代というのは妥当な範囲でしょう。

スキンケアをもっと簡単&お得にできない?

お小遣い制でもお小遣い制でないにしても、毎月美容代に1,200円って、みなさん家計を苦しめないよう必死に抑えていますね。

特にお子さんがいらっしゃる家庭だと、今後の教育費の心配もあると自分にかけられる金額って限られます。

というのも、うちは夫が転勤族かつ私は2人の子育てに追われ仕事に就くのが難しく、家計を圧迫しないために自分へのご褒美をほとんどしてない状態でした。

とある日のこと。
子供たちに「寝起きの顔がおばあちゃんみたい」と言われてしまい、自分の今ある姿の酷さに気付きました。

「このままではまずい!」

家庭のためにお金を残さなければと、スキンケアをおろそかにしていた事にハッとしました。
これを機にスキンケアを見直すことを決意。

自分のため、子供のためにもキレイになりたいと思うようになりました。

それでも正直、美容に使える金額が14,000円/年では足りていないのが現実です。

年齢肌に応じたケアをするためには、費用を削るのは難しいでしょう。

だけど、自分への投資に利用できる金額は限られている。
そこでスキンケアをもっと簡単にお得にする方法を考えました。

スキンケアを簡単にするにはクレンジングが重要

スキンケア難民の私がたどり着いたのがクレンジング剤でした。

1つのアイテムでクレンジングだけでなく、洗顔、美容液、ブースターの役割までしてくれるものも。
保湿成分も豊富なので、洗い上がりもしっとりします。

特にズボラな私にとって、スキンケアが1つでたくさんの機能を果たしてくれるのは、高ポイントでしかありませんでした。

自分自身を犠牲にする必要はありません。
家計のやりくりをしつつ、自分へのご褒美もしっかりしてあげたいと思えるように。

もし、私のように自分自身へなかなか投資できず、衰えていく辛さを感じているのなら、素敵なスキンケア方法を知って欲しいです。

1つで何役もこなすクレンジング剤3選

  • FURIME スキンケアクレンジング
  • Attenir スキンクリアクレンズオイル
  • Re・dermalab モイストゲルクレンジング

上記で紹介したクレンジング剤は、年齢肌に応じたケアに適しているアイテムです。
どれもW洗顔不要なうえに美容成分がたっぷり。

スキンケアを考えるなら、「汚れをしっかり落とす」がとても大切です。

価格もリーズナブルなので、スキンケア費用で悩んでいるのであれば、改善する1つの道かもしれません。

私はクレンジング剤を改めることで、肌への潤いに変化があり、年齢肌の悩みが以前より気にならなくなりました。

まずは気軽に試したいのであれば、「Attenir スキンクリアクレンズオイル」が試しやすいでしょう。
お得なスキンケアセットが付いて1,500円ほどで手に入れられます。

詳しくは、それぞれレビューした記事があるので参考にしてみてください。

美容代は平均14,000円!1アイテムを変えるだけでスキンケアの夢が広がる

美容にかけられる費用は、平均でおよそ1,200円/月。
そこからスキンケア代を考えると、なかなか辛いところがあります。

美容液やブースターなどモノによっては、1万円以上するものも。

年間にして14,000円と考えると、実際は満足のいくケアができていないことがほとんどです。

今現在のスキンケアに不満や不安を感じているのであれば、クレンジング剤を見直してみると新たな道が開けるかもしれません。

1つのアイテムを見直すだけで、未来が明るくなるならやらない理由がないですね^^

家族のために自分を犠牲にする必要はありません。
スキンケア費用を考え直すなら、価格だけ見直すのではなく、しっかり年齢に応じたケアできるアイテムも探してみて下さい。

タイトルとURLをコピーしました