女性の顔は年齢により変化!原因・悩みの変化や日々できる対策を詳しく解説!

女性の顔は年齢により変化していきます。
ただ、年齢による変化だからと今の悩みを諦めていませんか?

この記事では年齢による顔の変化に対して、「どのように悩み、抵抗を感じるか、変化と戦うためには?」についてお伝えしてます。

年齢肌に悩み顔の変化について抵抗があるのであれば、今すぐにでもできる対策を参考にしてもらえると嬉しいです^^

スポンサーリンク

女性の顔は年齢により変化していく

残念ながら女性は年齢により顔が変化していきます。
多くの原因が年齢肌によるもので、シワやシミが増えると年齢を感じ始める人が多いようです。

若い頃には気にならなかったものも30代にもなると変化に気付き始めます。

  • 10代・20代は顔の変化よりも体型変化を意識
  • 20代になると本格的なメイクを始める
  • 30代になると乾燥小じわが目立ち始める
  • 30代後半になると口元・眉間のシワ・ハリのなさ・シミなど悩みが増える

私自身10代から30代後半になるにつれ、顔への意識や悩みが変わっていきました。

20代初めは肌の悩みと言ってもニキビができるくらいの悩みでした。
ニキビの悩みも本当に辛かったけど、30代後半の肌悩みに比べると断然今の方が悩みが深い…

20代後半から30代は乾燥小じわの悩みが多く、40代を超えてくると深いシワの悩みが増えていきます。

スポンサーリンク

年齢肌の悩み

  • 毛穴汚れ
  • シミ
  • くすみ
  • シワ
  • たるみ
  • クマ

年齢が重なるにつれ上記の悩みがでてきます。

30代にもなると乾燥小ジワやくすみ・シミが気になり、その後シワがたるみへと変化。
驚くほどにハイスピードでやってくる年齢肌の悩みに、30代になっているのであれば可能な限り早めに対処するのがおすすめです。

乾燥小ジワであれば、まだまだケアすれば個人の力でも戦えます。
諦めずに今のうちに対処しましょう!

年齢によるターンオーバーの変化

※周期は人によって異なる

年齢が増すことにより表皮が生まれ変わるターンオーバーの周期が長くなります。
ターンオーバーが乱れることで、垢や老廃物が表皮に残りくすみなどの原因に。

それとは逆に紫外線を浴びすぎると皮膚を守ろうとターンオーバーの周期が早まり、メラニンを作りシミの原因になってしまいます。
洗顔のし過ぎなどもターンオーバーの周期が早まってしまうこともあるので注意してください。

ターンオーバーの周期は通常28周期と言われていますが、周期が乱れると悪い影響が及ぶことを大人の女性として理解しておく必要があります。

年を取ることへ抵抗感じる?

年を取ることへの抵抗を感じるかどうかのアンケートに対して、男性が4割に対して女性は6割の方が気にされているという結果が出ています。(マイボイスコム株式会社)

実年齢より若く見られたい女性は、なんと7割も!
気持ちがわかりすぎます…

できればいつまでも若くありたいし、子供のためには元気なママで居続けたいと思うのが一般的な意見でしょう。

幼稚園の運動会でも若いママが頑張っている姿を見ると、「私も負けてはいられない!頑張らなくては。」なんて思って張り切ってしまいます。

体力面ではどうしても負けるけど、それでも若々しいママで居続けたいと思ってしまうのが1人の女性としてのプライドなのかもしれません。

顔の年齢による変化への対処法

  • 乾燥を防ぐ
  • 紫外線を防ぐ
  • 美白化粧品を取り入れる
  • 血行をよくするマッサージ

年齢による顔の変化に対して、さまざまな対処法があるので、1つ1つ詳しく見ていきましょう。

乾燥を防ぐ

乾燥はさまざまな年齢肌の原因を引き起こします。
早いうちから乾燥対策をしておくと年齢肌の悩みも酷くならずに済むでしょう。

  • お風呂上りはすぐに化粧水で潤いを保つ
  • 冬場やエアコンを利用するときは加湿器を利用する
  • 年齢が上がるにつれ美容液なども取り入れる
  • 乾燥しにくいスキンケアアイテムを使う
  • バランスの良い食事を摂る

今すぐにでも取り入れられることが多いので、ぜひ対策してみてください。
地道なことが近道なので、日々乾燥しない肌にしていきましょう^^

紫外線を防ぐ

老化の原因の約80%が紫外線と知っていましたか?
紫外線によりシミ・そばかすが出来たり、ハリや肌の弾力がなくなったりと良い事がありません。

有名なドライバーさんの話をご存じでしょうか?

69歳のドライバーが28年間配送トラックを運転していたことで、紫外線を片側に浴び続け左側に大変な老化現象が起きてします。(医学誌『The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE』にて掲載)

写真を見てもわかるように紫外線の恐怖を感じます。
日焼け対策をすることの大切さを感じつつ、日焼け止めを徹底すべきだと理解してもらえるでしょう。

顔の日焼け止め対策として日焼け止めは必須アイテムですが、日常生活で利用する日焼け止めとレジャーで利用する日焼け止めは異なります。

SPF・PAの強さを確認して、最適な日焼け止めを選びましょう!

美白化粧品を取り入れる

美白化粧品は紫外線などによってできた初期の薄いシミやニキビ跡や虫刺されによる色素沈着のシミに有効的です。

何事も早い対策に越したことがないので、美白によるシミへの対策を早い段階で考えておきましょう。
そばかすは、遺伝的要素もあるせいか美白化粧品ではあまり効果を得られません。

血行をよくするマッサージ

マッサージをすることで、血行がよくなり血行不良でできるクマを作りにくくしたり、筋肉の緊張を緩めて表情ジワになりにくくしたりする効果があります。

顔のマッサージをするときは、専用のオイルやクリーム、マッサージできるクレンジングなどを利用してマッサージしてください。
直接皮膚に触れてしまうと肌にダメージを与えてしまうのでやめてください。

女性の顔は年齢により変化するけど早めの対策で戦える!

女性の顔は年齢により変化していくのは、仕方のない事です。
ただ、年齢よりも大きく変化してしまわないように対策を取れます。

仕方ないからと放置せず、少しでも見た目年齢を遅らせるために、紫外線や乾燥ケアに力を入れて美肌を手に入れていきましょ^^

タイトルとURLをコピーしました