メイクしない人はクレンジングしなくていい?ノーメイクがもたらす恐怖とは?

「メイクをしない人はクレンジングが必要ないの?」

実は多くの人がクレンジング=メイク落としと考えていることにより、ノーメイクならクレンジングはしなくていいと思っているでしょう。

結論からお伝えすると、「ノーメイクの人でもクレンジングは必要です」。

「え?そうなの?」と思った方は、「なぜメイクをしない人でもクレンジングが必要なのか」ということや、「ノーメイクがもたらす恐ろしい現実」をお伝えしているので、ぜひ最後まで読んでいただけると嬉しいです^^

スポンサーリンク

なぜノーメイクなのにクレンジングが必要なの?

そもそもクレンジングってメイク落としだから、メイクしてないし必要ないよね?

私も実はそう思っていました。

ですが、そもそも考えた方が間違っていました。

メイク落とし=クレンジングではなく、「クレンジング=皮脂など油分のあるものを落とす」が正解でした。

汗やほこりであれば洗顔料だけでも落とせるのですが、油性のものはクレンジングが必要です。

油性のものといってもピンときませんが、紫外線対策としての日焼け止めなども洗顔だけでは落とせない成分が入っているものも。

皮脂がたまるとニキビや黒ずみの原因になります。

洗顔料だけでもある程度落とせますが、余分な脂をしっかり落とすためにもクレンジングされることをおすすめ。

スポンサーリンク

数日ノーメイク生活してみた私の口コミ

もし「いや、クレンジングはやりたくない」と思っている方がいらっしゃったら一度試してみて欲しいです。

数日もノーメイクだからとクレンジングを怠っていると、なんだか鼻の上がブツブツしてきませんか?

私は1日でも洗顔だけだとなんとなく鼻の上が気になってきます。

まる
まる

頬の毛穴の開きも気になるので、クレンジングはなるべくしていこうと思いました。

ただ、メイクをしっかりやっている日に比べると肌を痛めているわけではないので、クレンジング剤をしっかり選ぶとよいでしょう。

<強い>
オイル

バーム

クリーム

ミルク
<弱い>

オイルが一番メイク落としに強いクレンジングで、ミルクタイプが肌に一番優しいクレンジングです。

この順で考えると、ノーメイクであればミルクやクリームタイプがおすすめ。

クリームは油分が多いので、乾燥を防ぎます。
(油分を増やすので矛盾しているようですが、あくまで皮脂は汚れ、クリームは保湿の違いです。)

ノーメイクのメリットデメリット

  • 肌を痛めにくい
  • 乾燥しにくい
  • コスメの量が減らない
  • お金がかからない肌を

メイクをしているのとしていないのでは、肌への負担が違います。

なので、もちろんメイクをしない方が肌への負担は軽減されるので定期的にノーメイクデイを入れるのはとても良いことです。

物理的な話になりますが、メイクをしないということはコスメを使用しないので減ることもなければ、コスメを買う頻度も減るため節約になります。

  • 紫外線をがっつり浴びる
  • 肌年齢がバレバレ
  • やる気がでない
  • パッとしない

メイクをしないので直接的な肌への負担が減るのですが、その分肌を露出しているので紫外線はしっかり浴びてしまいます。

肌の老化に1番と言ってもよいくらい影響を与えてしまう「紫外線」。

最低限、日焼け止めは塗っておく必要があるでしょう。

家にいるから紫外線は浴びない?

いえ、家にいても窓から紫外線は入ってくるので100%カットするのは不可能です。

肌を守るという観点から日焼け止めは、ノーメイクの日でもしっかり塗りましょう。

モチベーションもメイクをしっかりやった日と、テキトーにやった日って違いませんか?

私はノーメイクの日はかなり気持ちもやる気がなくなっているので、全身からやる気ないオーラを放ってしまい、周りにも伝わってしまうでしょう。

ノーメイクでも日焼け止めは必須!

老化を引き起こす原因の8割が『紫外線』だと言われています。

そして肌に影響を及ぼす紫外線としてA紫外線・B紫外線に気を付ける必要が!

A紫外線…皮膚の深い層まで届いてしまう紫外線。
B紫外線…エネルギーが強く肌の表面に刺激を与える紫外線。

どちらも怖いですが、日常生活で特に怖いのがA紫外線です。

知らず知らずのうちに紫外線を浴びて、肌の奥の方まで悪影響を及ぼしているかもしれません。

洗濯物を干している時や、ガラス窓ごしに長時間日を浴びている時は注意が必要です!

クレンジングの注意点と正しい方法

  • 適量使う
  • 長時間肌に乗せない
    マッサージしない
  • ゴシゴシしない
  • ナチュラルも日焼け止めも

クレンジングはメイクが落とせればれでいいと思っていませんか?

実は正しい使い方をしないと肌を痛める原因になります。

正しい知識でクレンジングを行い肌を清潔に保ちましょう♪

適量使う

クレンジング剤はメーカーが指定している量を使用しましょう。

もったいないからと少量でクレンジングを行うと、肌をこすってしまい肌を痛めてしまいます。

肌の上をなめらかに滑らすくらいの量が必要です。

長時間肌に乗せない・マッサージしない

汚れを浮かせるためになどの理由でクレンジング剤を長時間肌に乗せないでください。

長時間乗せてしまうと、乾燥しやすくなるので注意が必要です。

クレンジング剤のなかにはマッサージできるものがありますが、それ以外のクレンジング剤はマッサージ用には作られていないのでマッサージには利用しないようにしましょう。

ゴシゴシしない

メイクを落とすためにと、ゴシゴシ洗うと肌が傷ついてしまうのでやめましょう!

また、メイクオフしたあとのタオルでも顔をゴシゴシ拭くのも同じ行為になるので、やめてください。

やさしく手のひらで洗い、タオルもポンポンと優しく拭くのがベストです。

ナチュラルも日焼け止めも

ナチュラルメイクや薄いメイクだったとしてもしっかりクレンジングする必要があります。

日焼け止めについても同様で、ものによっては洗顔料だけでは落とせないものもあるので、しっかりクレンジングで落とすようにしましょう。

日焼け止めが残ったままだと、乾燥・肌荒れの原因に。

クレンジングが必要かはパッケージに記載されています。

詰まり毛穴の原因と対策

毛穴が詰まる原因は、皮脂や老化角質・汚れなどが混ざり合い、白い塊になります。

さらに空気・紫外線に触れることで酸化され黒い塊へと変化してしまうことも。

そうならないためにも日頃からクレンジングや洗顔のお手入れは欠かせません。

毛穴に詰まってしまってから対策するよりも、詰まる前にしっかりケアしておくことで低価格のお手入れで済みますよ♪

詰まり毛穴の対策
  • 酵素での洗顔
  • クレイ系パック
  • スクラブ剤
  • 専門店でバキューム
  • ホットタオル(毛穴を開く)
  • 美容液
  • 抗酸化作用の化粧品

メイクしない人でもクレンジングをすべき

メイクをしない人でも皮脂や外的な要因で油性のものは皮膚にたまっています。

ですから、メイクをしない人もクレンジングはぜひ行ってください

そして欲を言えばメイクをしない人でも「日焼け止め」は必ず塗るようにしましょ!

年齢肌の大敵の8割は『紫外線』です。(米国皮膚科学会)

ノーメイクだから肌が元気になっていると思っていたら大間違い。

紫外線によりシワやシミが出来る行為を永遠と続けることになります!

自分の肌は自分で守り、素敵な美肌を手に入れましょ~♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました