映画「蛇のひと」西島秀俊の関西弁が違和感過ぎる!

まる
まる

こんにちは!

 

今回もAmazonプライムビデオ楽しみました♪

 

今回は全く知らなかった「蛇のひと」という映画をみてみました。

 

内容としてはとにかく不思議な物語です。

 

ただ、私のようにブログを書いたりする人にとってはとても興味深い話だと思います。

「言葉を使って人を動かす」

 

このスキル私欲しいと思ってしまった!

とっても怖いですね~

ですが、日々の生活で知らず知らず人の言葉に動かされていますよ。

スポンサーリンク

西島秀俊の関西弁に違和感

イケメンで渋い役やおちゃらけ役などさまざまな役を演じてきた西島秀俊さんですが、今回の役は関西人。

びっくりするくらい違和感でしかないのです。

そりゃそうですよね。
だって、西島さん東京生まれの東京育ち。

もう一度言いますが、びっくりするくらい違和感でした。

関西弁のイメージないですもんね。

ぜひ西島秀俊さんの珍しい関西弁を堪能してほしいです。
めったに聞けない関西弁についニヤケちゃう。

当たり前ですが、そのあとに板尾さんの関西弁を聞いたらほっとしてしまいました(笑)

スポンサーリンク

「蛇のひと」キャスト

◇三辺陽子/永作博美

◇今西由起夫/西島秀俊

◇今西の幼なじみ/板尾創路

◇陽子の婚約者/ムロツヨシ

◇島田剛/劇団ひとり

◇田中/田中圭

「蛇のひと」あらすじ

ある日、三辺(永作)が勤める商社の部長が自殺をしたことで大騒ぎ。

そんな中、課長である今西(西島)と連絡が繋がらないことでさらに三辺(永作)は困惑していく。

そこから同僚などに今西(西島)と親しい関係にあると勘違いされ、今西(西島)を捜索するように依頼される。

ここから今西(西島)の現在から過去に渡っての付き合いを調べていくにつれ、たくさんの事件が起きていることを知る。

今西の周りで起きていることや、今西の過去などが明かされていく。
まさかの場所で今西(西島)を発見することとなる三辺(永作)の気持ちの変化も見どころ。

「蛇のひと」おすすめの人

ちょっと変わったストーリーなので、定番のストーリーや恋愛ものに飽きてしまったという方におすすめです。

謎解き要素もあるので、謎解き好きの方にも興味のわくストーリーでしょう。

いやいや、そんなことある?というような展開がいくつもあるので、見ていて飽きがこない作品です。

「蛇のひと」おすすめしない人

王道が大好きという方にはまったくもっておすすめできません。

ベタなラブストーリー好きにも向かないでしょう。

風変りなストーリー展開なので、変わったものがあまり好みでないという方は、違う作品をおすすめします。

まとめ

とにかく風変りな作品で、普段聞けない西島秀俊さんの関西弁を聞ける映画です。

展開が斬新なので、見ていて飽きないというのも魅力。

恋愛要素もありますが、ミステリーに近い作品なので、カップルで見るというよりは一人で楽しむという作品でしょう。

ちょっと変わった作品が好きという方は、ぜひ一度見てみてくださいね。

「蛇のひと」が気になった方は、Amazonプライムビデオで無料で見れちゃいますよ。

プライムビデオ試してみる

合わせて読みたい記事はこちら

『パラレルワールド・ラブストーリー』Amzonプライム【東野圭吾好き】必見!
Amazonプライム会員であれば誰もが無料で楽しめる映画「パラレルワールド・ラブストーリー」。東野圭吾作品好きの方は見逃せません。内容も謎解きが楽しいので見ていて飽きないでしょう。出てくる役者さんの演技も素敵で、俳優さんの演技にも注目です。
【ボタニストプレミアムライン】評判&ガチレビュー!口コミは嘘だった?
大人気ボタニストにダメージケアに特化したプレミアムラインが登場!髪の毛ダメージが気になる方は必読です!サロン仕上げを体験してみませんか?評判と私のガチレビューで本当の使い心地をチェック!小さなお子さんから大人まで髪の悩みを解決しましょ!
404 NOT FOUND | きまっぴい
キママにだけど本気でこれからの人生をハッピーに!

コメント

タイトルとURLをコピーしました